釧路湿原を流れる釧路川の水源、屈斜路湖。アイヌ語で屈斜路は喉口の意味を持つクッチャ「kut-car(喉・口)」で、沼から水の流れる出口の所につけられた地名です。アイヌの人たちはかつて大きな湖は、ただ「トー(湖)」と呼ぶのが普通だったそうです。コタン単位での生活では、それで不自由はしなかったのでしょうね。
けれど、和人にとっては湖名がないと不都合だったのか、クッチャロ(湖口)のそばにあるクッチャロコタン(村)の名をとって屈斜路湖と呼ぶようになったそうです。松浦武四郎の地図では屈斜路湖は「クスリ湖」になっていますね。クスリペツ(釧路川)の水源の湖ということでしょうか?