サクラの仲間では最後に咲くシウリザクラ。
試験管ブラシ状に咲く清楚な白い花がもうすぐ咲きますね。
シウリザクラの「シウリ」は、アイヌ語のシウニ「siw-ni(苦い・木)」が由来だと言われています。果実は熟すと黒色になり、口に入れると甘味と少々の苦さがありました。アイヌの人たちはこの木で槍や仕掛け弓などを作りました。また、病気になったときは、この木でお守りの御幣(イナウ)を作った地方もあったそうです。
花の咲いている期間は一週間ほど。
競って咲き出す花たちを追いながら過ごすのもステキですね。