冬眠の準備に忙しいシマリスくんに会いました!愛くるしいその姿に癒されますね。 シマリスを春採・足寄では、カセク「<kasi-ikir-kor-kur(その上に・線・を持つ・神)」と呼び、屈斜路湖ではニスコクル「ni-suy-kor-kur(木・穴・を持つ・神)」と呼ばれました。 旭川の近文では「大きなクマを授けてくれ」と頼んだりもしたそうですが、なぜかアイヌの人たちには嫌われ者だったようです。エゾリスの拝んでいるような様子が、貧乏くさく不吉とされた同じ理由からでしょうか。資料からは見えませんが、何らかの理由があったのですね。