ベニマスのDNAを持つ阿寒湖原産のヒメマス。釣り人に人気があり、高級魚としても知られていますね。
湖が氷結したこの時期、アイヌの人たちは氷上の穴のあいている場所や火を焚いて穴をあけ、ヒメマスを獲りました。
アイヌ語ではカパッチェプ「<kapar-cep(薄い・魚)」と呼ばれ、ヤマベと比べて扁平だというところから命名されたようです。秋の産卵時期には、アイヌの人たちはヒメマスを獲る前にカムイノミ(神に祈る)をし、最初に獲れた魚は火の神に供えたそうです。
味のよいこのヒメマス、蝦夷地探検家の松浦武四郎も阿寒で食べ、「味殊に美にし」と『久摺日誌』の中で絶賛です。
阿寒湖の氷上釣りはワカサギだけではなく、ヒメマス釣りに挑戦もいいですね。