日本では北海道のみに生息しているエゾモモンガ。小さな体にキラキラの大きな 目が愛らしいですね。 アイヌの人たちはエゾモモンガもカムイとし、「神々の物語」に残されています。 鳴き声がアイヌの人たちが歌う子守唄の「ハタハ ン~」という繰り返しに似てい るので、子どもをあやしたり守護する神だそうです。また、エゾモモンガが鳴いて いるのは自分の子の子守りをしている声と受け取ったそうです。 アイヌ語で「アッ」とか「アッカムイ」と呼ばれています。 松浦武四郎は『後方羊蹄日誌』に挿絵を載せ、石狩と厚岸で獲ったものを持ってい るとあります。 エゾモモンガを観察するには雪のある時期がベストだそうでから、これからですね。