鮮やかなオレンジ色のエゾスカシユリ。道路沿いに並んで咲いている姿に目を奪われますね。
アイヌの人たちはエゾスカシユリの花ではなく、その鱗茎に名前をつけ、イマキパラ「imaki-para(その歯=麟片・広い)」と呼びました。歯と呼んだ麟片がクルマユリと比べると広いのでそのように呼んだようです。
ちなみに、クルマユリはイマキアネ「imaki-ane(その歯=麟片・細い)」。
違いの基準が花ではなく、注目しているのは食料となる鱗片の大きさでした。アイヌの人たちの生活と植物の関わり方を感じさせてくれる名前のつけかたですね。
どちらも鱗茎をほぐしてご飯と一緒に炊き込んで食べたそうです。