木の実の中では最も人気の高いサルナシ(コクワ)。そろそろ食べごろでしょうか?
アイヌ語でサルナシの果実は「クッチ(kutci)」と呼ばれ、その蔓はクッチプンカ
「kutci-punkar(サルナシの果実・蔦)」と呼ばれました。
味も香りも良いこの果実は生食で食べられたほか、発酵させてお酒のようにして飲ん
だそうです。
また、蔓は深雪の上を歩くためのかんじきに利用。春先幹から採れる樹液は、神経痛や
腎臓病の薬としても飲まれたそうです。

2013/10/11号掲載