屈斜路湖

釧路湿原を流れる釧路川の水源、屈斜路湖。アイヌ語で屈斜路は喉口の意味を持つクッチャ「kut-car(喉・口)」で、沼から水の流れる出口の所につけられた地名です。アイヌの人たちはかつて大きな湖は、ただ「トー(湖)」と呼ぶのが普通だったそうです。コタン単位での生活では、それで不自由はしなかったのでしょうね。
けれど、和人にとっては湖名がないと不都合だったのか、クッチャロ(湖口)のそばにあるクッチャロコタン(村)の名をとって屈斜路湖と呼ぶようになったそうです。松浦武四郎の地図では屈斜路湖は「クスリ湖」になっていますね。クスリペツ(釧路川)の水源の湖ということでしょうか?

オンネナイ川

釧路湿原に流入しているオンネナイ川。「オンネ」はアイヌ語で「年老いている、大きい」などと訳されますが、どちらかというと細い川で訳に困る川名でした。
更科源蔵著『アイヌの神話』の中で「オンネナイ(年老いた川)とは、水源が深く(長生きした)、子供か孫のような支流のある川であり」と書かれていました。川の距離が長いので長生きしている、年老いた川と考えたアイヌの世界観があってつけられた川名だったのですね。
ちなみに、明治30年の古い地図では幌呂川と並んで雪裡川に流入しています。
今よりも長く、赤沼はオンネナイ川に付いていた沼だったのですね。

タコ

スーパーにお正月用のタコが並びましたね。タコの紅白の色は縁起が良いのだそうです。
釧路や日高方面のアイヌの人たちは、タコをアトウイナウ「atuy-inaw(海・木弊)」と呼んでいます。なるほど、形がイナウ(木弊)に似ています!アイヌの物語の中で、プイ(エゾノリュウキンカの根)がタコになったという話もあります。ひげ状の根がタコの足に似ていますね。内浦湾では大タコが住んでいて、タコの体の色で空までが赤く見えるところは近寄るものでないと言われていたそうですが、山狩りに行ってタコの夢を見ると獲物が授かると言われていたそうです。
アイヌの人たちもイナウに似たタコは縁起が良かったのですね。