大島川


釧路湿原を流れる大島川。かつてのアイヌ語の川名があったはずと、友人の言葉に促されて古い地図を調べてみました。昭和5年に大日本帝国陸地測量部が発行した五万分の一地図に載っていました。「アトイシヤラカ川」と。湿原のほぼ真ん中で幌呂川と合流していますね。「アトイシヤラカ川」をアイヌ語
の意味に充てると「アトゥイ・サラ・カ・ペッ(海・湿原・の上・川)」。
海と湿原の上にある川。意味と地形がぴったり合いますね。
アイヌ語地名、すごい!なぜ「アトイシヤラカ川」から「大島川」に変わってしまったのでしょうか?とても残念ですね。

屈斜路湖

釧路湿原を流れる釧路川の水源、屈斜路湖。アイヌ語で屈斜路は喉口の意味を持つクッチャ「kut-car(喉・口)」で、沼から水の流れる出口の所につけられた地名です。アイヌの人たちはかつて大きな湖は、ただ「トー(湖)」と呼ぶのが普通だったそうです。コタン単位での生活では、それで不自由はしなかったのでしょうね。
けれど、和人にとっては湖名がないと不都合だったのか、クッチャロ(湖口)のそばにあるクッチャロコタン(村)の名をとって屈斜路湖と呼ぶようになったそうです。松浦武四郎の地図では屈斜路湖は「クスリ湖」になっていますね。クスリペツ(釧路川)の水源の湖ということでしょうか?

オンネナイ川

釧路湿原に流入しているオンネナイ川。「オンネ」はアイヌ語で「年老いている、大きい」などと訳されますが、どちらかというと細い川で訳に困る川名でした。
更科源蔵著『アイヌの神話』の中で「オンネナイ(年老いた川)とは、水源が深く(長生きした)、子供か孫のような支流のある川であり」と書かれていました。川の距離が長いので長生きしている、年老いた川と考えたアイヌの世界観があってつけられた川名だったのですね。
ちなみに、明治30年の古い地図では幌呂川と並んで雪裡川に流入しています。
今よりも長く、赤沼はオンネナイ川に付いていた沼だったのですね。