カワガラス

渓流などで見られるカワガラス。この鳥をアイヌの人たちは、位の高い神として扱ったようです。川の神の使いとして、魚のいることを人々に知らせる神。また、雄弁さを持つ神といわれています。屈斜路ではアイヌ語でホルンカッケウカムイ「hor-un-kakkew-kamuy(水・にいる・?・神)と呼ばれ、水辺にいる鳥の中で最も大事にされ、シマフクロウやエゾフクロウと同じように酒をあげるそうです。
知里幸恵著『アイヌ神揺集』にもカワガラスが出てきます。「katken…川ガラス。
昔から大そういい鳥として尊ばれている鳥です」との説明がありました。
物語の内容も面白かったです!

シマリス

冬眠の準備に忙しいシマリスくんに会いました!愛くるしいその姿に癒されますね。 シマリスを春採・足寄では、カセク「<kasi-ikir-kor-kur(その上に・線・を持つ・神)」と呼び、屈斜路湖ではニスコクル「ni-suy-kor-kur(木・穴・を持つ・神)」と呼ばれました。 旭川の近文では「大きなクマを授けてくれ」と頼んだりもしたそうですが、なぜかアイヌの人たちには嫌われ者だったようです。エゾリスの拝んでいるような様子が、貧乏くさく不吉とされた同じ理由からでしょうか。資料からは見えませんが、何らかの理由があったのですね。

トンボ

秋の訪れを感じさせてくれるトンボ。先日、釧路湿原ではたくさんのトンボが飛んでいました。
屈斜路や美幌などでは、アイヌ語でハンクカチュイ「hanku-ka-cuy(へそ・の上・を刺す)」と呼ばれました。トンボの動作からつけられた名称ですね。
また、トンボを色によって区別している所もあるそうです。赤はフレ、黒はクンネ、まだらはシリキオをつけて呼んだそうです。
アイヌの諺に「トンボがたくさん群れている所へ行き合わせると縁起がよい」とあるそうです。街ではなかなかトンボの群れに出会えませんが、釧路湿原周辺では確率は高そうですね。